京都は勤務しているときに何回も行きました。
自動車で行ったりJRで行ったり夜行バスでも行きました。

京都はほとんどが神社仏閣です。
その中で特に思い出に残っているのが夜行バスで行った京都旅行です。
夜行バスも慣れれば快適です。十分に眠れました。
その時は冬で雪が降ってきました。
そこで雪の観光です。雪の金閣寺、銀閣寺。
特に銀閣寺は風情がありましたね。

最初は観光バスで観光コースをあっちこっち行きました。
慣れるにしたがって自分たちで電車やバスに乗って刊行するようになりました。
それで思い出に残っているのが嵯峨野に泊まったことです。
ここはビジネスホテルで料金は安かったですね。
その分食事にお金を使った方がいいと思ったのです。
京料理等も食べました。1万円以上しました。

なかでも記憶に残っていたのが保津峡の川下りの時です。
その後の夕食に近くなったときに嵯峨野のオルゴール館行きました。
すると数分で閉店で少ししか見えませんでした。
どこかでお茶でも飲もうと思っていたら、1階にレストランがあったのです。
そこがフランス料理屋でした。オルゴール館と一緒でした。
そこに顔を出すとどうぞと。

1組のお客さんがいました。
私たちもフランス料理を頼みました。
食べていると1組が帰りました。
すると店員が来て電灯を消すと。その後蝋燭の灯になりました。
これは幻想的でした。そこでワインを飲みながらの食事はいいものでした。
するとマスターが来て古いオルゴールがあるがつけますかと。
これは古いものオランダから来たものだと。
いまでもどうにか鳴りますよと。
それを奏えてくれました。それは懐かしい音色でしたね。
我々カミさんと1組になって、蝋燭の灯とオルゴールとフランス料理。
非常に楽しい一時を過ごせました。
これが今でも記憶に残っている楽しい思い出です。

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。