大國魂神社は、大國魂大神[おおくにたまのおおかみ]を守り神としてお祀りした神社で、主に福神、縁結び、厄除け・厄払いの神様として有名です。
この大國魂神社では11月に酉の市が開かれます。

そもそも、酉の市(とりのいち)は元々豊作祈願のお祭りであったそうです。
江戸時代から商人や水商売の人々に人気のある祭で、農具や農作物も 売り出され、豊作祈願の思いを込めて農民の参拝者にも人気があったそうです。

現在では境内にたくさんの提灯が立ち並び、縁起物として有名な「熊手」がまるでタワーのように所狭しと積み上げられています。
おたふくや鯛、うちでの小づちに宝船など、縁起の良い飾りが「熊手」にたくさん飾り付けられています。
熊手には「運をかきこむ」「お金をかき集める」といった縁起がこめられており、購入した熊手を玄関や室内の少し高いところに飾ると良いと言われています。

大國魂神社の酉の市で熊手を購入すると、売り子の方々が商売繁盛や家内安全を願って大きな声で寿ぎをしてくれます。
それがとても賑やかで、お祭りに活気を与えています。
商売をされている方々がたくさん熊手を買いに来ているのか、祭り当日は常に柏木の音と寿ぎの掛け声が聞こえてきていました。

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。